腋臭画像

腋臭が気になったその時にする事

湿度が高く、暑い日の満員電車。
そして、冬でも暖かくて汗ばむ職場。
こんな時に気になるニオイに腋臭(わきが)があるのではないでしょうか。
腋臭は体内から脇に分泌される液と脇にある細菌によって発するニオイのもと。
なので、季節が夏であれ、冬であれ、汗ばむ環境になればニオイを発してしまいます。
どうしても我慢できない酷い状態であれば 「手術」という手段があります。
しかし、自分ではどうにもならないのでしょうか。
まず、体内から出る分泌液ですが、誰にでもある成分ですが、肥満症の方の場合、そうでない方より成分が濃い分泌液が体外に排出されるそうです。
ちなみに汗とは違うそうです。
なので、まず、自分の健康の為にも体型を標準に近づけるように努力いたしましょう。
そんな時間に余裕がない、という方は、健康的なダイエットに勤しみながらも、以下の事をして下さい。
一つは、脇の毛を剃る。
そしてもう一つは、こまめに脇を拭い、清潔な状態にする、ということです。
男性の方には抵抗があるかもしれませんが、ニオイがする状態である時点で、すでに細菌は繁殖してしまっています。
なので、脇の毛がある状態だと、脇の毛に守られた細菌が居続けてしまいます。
抵抗があるかもしれませんが、脇の毛をそって下さい。
ニオイがなくなれば伸ばしても構いませんので一時だけ辛抱して下さい。
そして、細菌に分泌液が付くことでニオイを発してしまうので、こまめに脇をタオルなどで拭い、清潔な状態を維持するように心がけて下さい。
実際、以前の職場で酷い腋臭の男性がいました。
その方の半径2メートルに近づくと臭い、そして残り香まで腋臭の臭いで息を止めなければ耐えられないほど酷いのです。
その腋臭の方の正面の席の男性は 業務用の消臭剤を自分の顔の下に置いて業務をしても臭う、と悩んでおられました。
見かねた年配の男性が、その腋臭の方に話しをしました。
意外な事にそのニオイの元になっている方は、自分が酷い腋臭だと気付いていなかったそうです。
年配の方は脇の毛の処理と、トイレに行った際に清潔にするようアドバイスされました。
それから酷いニオイはなくなり、皆、驚きました。
この体験から、もし、お悩みの方がいたら、細菌が増えない清潔な環境を作ることをお勧めしたいと思います。

Copyright(C) 2010 いいにおい.com All Rights Reserved.