腋臭画像

自分の腋臭がきつい時の罪悪感について

世の中で生活している人のほとんどは汗をかきます。
汗自体に臭いは無いのですが、汗と細菌が混ざると嫌な汗臭さを発するので注意が必要です。
特に夏の暑い時期などは、外に出て立っているだけで汗が吹き出してきます。
かいス汗をそのまま放っておくと後で汗の臭で周囲を困らせることにもなってしまうのです。
汗をコマメに拭き取ったり、デオドラント商品を使用して汗対策をしている人も多いのです。
特に腋臭の人は気を付ける必要があります。
自分では気がついていなくても、その発する臭いは強烈で周囲の人を困らせることになるからです。
腋臭の原因は、通常の汗の臭いの原因とは違うため、なかなか臭いを抑えるのも難しく根本から解決したい場合は、病院などで治療を受ける必要があるのです。
私もたまに自分の汗の臭いが気になることがありますが、その場合はなるべく人に近づかないように気を付けています。
時間が経つと脇の下に汗をかいているのが分かるので、たまに臭いを嗅いでみたりもするのですが、自分の臭いに絶えられない時もあります。
自分が絶えられない臭いが他人に絶えられる訳がないのです。
そんなときは、汗拭きシートを購入し汗をコマメに吹いたり、消臭剤などでなるべく汗の臭いを軽減させる努力をすることも必要だと身を持って感じています。
自分がされて嫌だと思うことは、他人にしないように心がけることが必要なのです。
しかし腋臭の問題は、自分の臭いに気付いていないというところに問題があるのです。
自分の発する臭いに気付いていないため、当然他人に迷惑をかけているとも思っていないところが大問題なのです。
他人の臭いを指摘するのも勇気がいりますが、その人のことを考えると柔らかく教えてあげるのも必要なことなのかもしれません。
周囲だけが気がついていて本人が気が付いていない状況は、決して良い状況とは言えないのです。
本人のためにも、周囲の人たちのためにも気がついたら教えてあげる勇気も必要なのです。
とにかく自分の腋臭がきつくて周りに迷惑をかけているなら、私なら周囲の人から教えて欲しいと考えています。

Copyright(C) 2010 いいにおい.com All Rights Reserved.