腋臭画像

腋臭症と多汗症は原因と症状が違う

強い不快臭が出る腋臭症の原因を調べてみると、アポクリン汗腺の分泌が多い事が原因の一つに挙げられています。
それは多汗症と同じだと思っていましたが、詳しく調ラてみると全然違うものでした。
最近、子供の汗の臭いがきつくなり、また肌着が黄色くなってきたのでケアをしています。
しかし汗っかきと思うような汗のかき方はしていないのでそれが疑問でした。
しかも私は汗っかきの方ですが、強い不快臭や服が黄色くなる症状は全然出ていません。
自己判断ですが多汗症を疑って悩んでいました。
自分だけの判断ではいけないと周囲に聞いてみても汗は人よりかいているが、臭いは全然気にならないそうです。
腋臭症の症状が出ている子供に、多汗症の症状が出ている私と一緒に生活をする中でどこに違いがあるのか、これが腋臭症と多汗症の違いを調べてみる事になったきっかけでした。
この2つの症状の大きな違いは汗の分泌される汗腺が違う事です。
腋臭症はアポクリン汗腺、多汗症はエクリン汗腺から分泌されるそうです。
多汗症の原因であるエクリン汗腺から出た汗は臭いを発生させる事も服を黄色くする事もないそうです。
しかし腋臭症の方が多汗症を併発してしまった時には、不快な臭いをさらに強くしてしまう時があるそうです。
また腋臭症は雑菌の分解で臭いが発生する原因を持っていますが、多汗症の原因はストレスなどの精神的な事だという事です。
多汗症の症状の一つとして緊張状態が続いて手や足に余計に汗をかいてしまう症状を持っています。
また汗っかきと多汗症でも違いがあり、体温が上がるような行動、例えば運動など体を動かしている時に多く汗をかくことは汗っかきで、逆に体を動かさず体温が上がる事がない時に汗を多くかく事が多汗症だそうです。
私の場合は運動の時に多く汗をかくので、もしかしたら汗っかきの方になるかもしれません。
腋臭症と多汗症、汗っかきで同じような似た症状があるものの、決定的な違いや原因が違う事で大きく変わってくるのです。

Copyright(C) 2010 いいにおい.com All Rights Reserved.