腋臭画像

子供がもし腋臭症ならどう対処すべきか

子供の肌着が黄色く黄ばんできました。
そしてたまに酸っぱい臭いを感じるようになりました。
もしかしたら腋臭症かもと悩んでいます。
腋臭症は一般的にはわきがと呼ばれています。
アポク潟投セ腺から出る汗が雑菌と混ざり分解する時に強い臭いを発する事が原因です。
その症状はホルモンバランスの分泌が盛んになる思春期頃から始まり、最近では食生活の欧米化などが原因で思春期に入らない小学校低学年でも腋臭症の症状が出てくる場合もあるそうです。
本人は今は気にしていませんが、親としてどう対処すべきか真剣に考えました。
自己判断で腋臭症と判断してはいけないのですが、子供を病院へどう伝えて連れて行けばいいのかわかりません。
ネットで調べてみると、病院へは子供が臭いに対して気になりだした時でも大丈夫と書いてありました。
でも本人が気になりだした時に、もし学校で臭いが原因でいじめにでも合っている事が原因なら遅すぎます。
子供の気持ちを壊すようなことだけは避けたいと思い、必死で情報を収集しました。
とりあえず、子供は手術や注射による腋臭症の治療ができないので、臭いを抑えるために消臭と除菌に効果がある固形石鹸を買って、毎日洗うようにしました。
たまに自分だけ違うものを使う事がイヤだと言うので、私も一緒に使っています。
本人はどうして違う石鹸を使うのか、毎日ちゃんと洗わないといけないのか聞いてきたので、腋臭症かもしれないという事は伏せて、人より汗をかいて雑菌がたくさんいるから肌がかぶれない予防という事にしています。
そして、洋服の黄ばみはなるべく子供の目に触れないように、洗たくしています。
しかし、黄ばみが取れないものはネットで調べて、脱いだすぐに熱いお湯に付けて皮脂を溶かしてから洗うといいと書いてあったので、こっそりやっています。
体をなるべく清潔にして、服を着る時も消臭や除菌効果があるスプレーをかけています。
気にしすぎの部分がありますが、友達に臭いで言われる事だけは子供の気持ちを考えて、避けたいと努力しています。

Copyright(C) 2010 いいにおい.com All Rights Reserved.