腋臭画像

腋臭は手術すれば治るが再発もある

自分が腋臭であると気付いたのは、大学生のときでした。
当時働いていたアルバイト先の上司の女性から「ちょっと話がある」と呼び出され、匂いが気になるので、手術をしてはどうかと勧められたのです。
自分でも脇から独特な匂いがするとは思っていましたが、脇の汗は独特な匂いがすると聞いたことがありましたし、母親も同じ匂いなので、汗の匂いか体臭の部類だと思っていました。
何より周りの人が気付くほど強い匂いだとも思っていませんでした。
ですから、腋臭だと言われたのはショックで、受け入れがたい現実でした。
耳垢が湿っている、脇の汗じみが黄色いなど当てはまるところはありました。
ちなみに妹も手術をしているので、遺伝なのは間違いありませんが、妹は成人する辺りまでは耳垢が渇いていました。
こういう例もあるようです。
確かに自分の脇に鼻を近づけると匂いはあるけど、わざわざ手術しなければならないほどのものなのか、消臭スプレーを使用すれば防げるのではないかわと考えて簡単な腋臭のチェックをしました。
1日着た服を袋など密閉容器に入れて1日置いてから匂いを嗅ぐと、自分でもわかる、というチェックです。
結果は、匂いました。
手pのことをネットで調べると、痛みや傷のことなど、手術するには抵抗もありました。
しかし、それからどんなに洗濯しても脇の匂いはないような気がして、人が多い所にいくと、今自分は臭いと思われてるんじゃないか、と常に気にする様になって、手術しないではいられなくなりました。
手術は切開方で30万程で、しばらく痛みもあり、ガーゼも取れず不便な思いもしましたが、匂いを気にする必要がなくなったので、して良かったと思います。
ただ5年経った今も傷痕はうっすら残っているので、レーザーなどでも良かったのかもしれないと考えることはあります。
そして何より、出産後また以前ほどではないのですが、少し脇の匂いが気になるようになりました。
女性は出産で体質が変わって、再発する可能性があるようです。

Copyright(C) 2010 いいにおい.com All Rights Reserved.