腋臭画像

腋臭を治して明るく前向きに生きよう

エレベーターの中や電車の中など、町中で腋臭の人に出会うことがあります。
あの独特な匂いに倒れそうになってしまうけれど、「本人も辛いはず。
顔に出してはいけない。
」と我慢するか、そっとその場を離れるようにしています。
町中で一瞬出会うだけなら良いのですが、学校や会社で腋臭の人と同じ空間に居続けなければいけないのはとても辛いです。
特にビジネスの場だと業務上の接触がある場合はさける事も難しいのでとても辛いです。
しかも、私が今までに出会った腋臭の人達は、本人はとても良い人であるケースが多く、口に出して伝える訳にもいかず、本当に胸が痛みます。
匂いさえなければ…でも言えない。
匂いの問題はとてもデリケートです。
「最近ちょっと太ったんじゃない」と言われるのと「最近ちょっと腋の匂い臭いんじゃない」と言われるのでは、断然に後者の発言のほうが精神的なダメージが強いです。
特に、腋の匂いはデリケートな問題です。
足の匂いについては会社で仕事をしている場合は靴を脱ぐ機会はそんなに多くないので、大体の会社員の場合は飲み会で座敷に座るなどといった場合等、そもそも靴を脱ぐ機会があまりないように感じます。
1度や2度のことであれば、「俺足臭いんだ〜」「も〜。
やだ〜。
」等と飲み会の席であれば軽い冗談で流す事もできそうです。
でも、腋の匂いは上着を脱いで過ごす季節になると、毎日匂いを放つ事になりかねません。
どんなに匂いのケアをしていても時間が経つとにおってくる場合もあります。
書類を渡す、少し上にあるものを取る時等、腕を動かすたびに「ふわっ」「もわっ」と周囲に漂ってしまいます。
「腋臭の場合は本人の努力だけでは匂いを押さえるのが限界があるように感じます。
場合によっては就職、恋愛にも影響が出てくることも考えられますので、無理をしないで自分だけで抱え込まないで腋臭手術など以外の力に頼るのも良いのではないかと思います。
また、腋の匂いは指摘をし難いので、家族、恋人等、大切な人が前向きな人生を送れるようにそっとアドバイスをしてあげましょう。

Copyright(C) 2010 いいにおい.com All Rights Reserved.